印刷にもある互換性

印刷方法を詳しくしる

トップ

印刷の形式の情報

印刷方法を考えてみる

資料などを印刷またはコピーする際には、もちろん元になる原本が必要です。デジタルの原本としては画像ファイルなどがあるでしょう。ただ画像ファイルを原本とする際は画像の編集などが行いにくい、または画像ファイルによっては環境によって扱い方が異なってくる場合などもあります。そのため、基本的に資料をデータとして扱う場合はpdfファイルとして扱うことが多いです。この形式のファイルは文字の資料の形式から文字の編集、画像の添付も細かく設定することができます。このように、この形式の汎用性は高く、基本的にあらゆる環境での利用が可能なので、印刷する資料の準備には有用であるといえるでしょう。

pdfは万能な保存形式

pdfファイル形式なら、どんなパソコンでも汎用可能なマルチな保存形式になっています。どんなパソコンにも対応しているので、メール添付する時なども保存形式を指定して送信すれば、環境による依存も関係なく読み込むことが可能です。そんな万能なファイル形式ですが、印刷にも対応しており、書き込みや修正を行うには、別途ソフトが必要になりますので、注意が必要です。家庭用のプリンターからでも、使用可能です。外部メモリーにファイルを入れて、コンビニなどにある一般的なプリンターでする場合には、ソフトが入っていないと出来ない場合がありますので、事前に確認し、印刷してください。