印刷でインパクトを

目的に合わせて印刷を

トップ / 目的に合わせて印刷を

印刷の形式の情報

目的に合わせた印刷物の折り加工

印刷物にインパクトを持たせるなら、折り加工が最適でしょう。会社や店舗などを大きく紹介する場合には、2つ折りが多く利用されます。用紙の中心を1回折るだけで、1枚を4ページ分に増やせるので便利です。会社や店舗、商品などのパンフレットに使用されるのが多い加工方法です。カタログなどには十文字折りや八つ折りがいいでしょう。ページ数を確保出来てカテゴリーが多いカタログでも、十分にスペースがとれるので用紙1枚に多くの商品を掲載出来ます。このように、他にも用途合わせて様々な用途を考えながら印刷すると、大変便利であり、役立ちます。

製本での折り加工の利点

一般的な印刷物と言うのは、見開きページになるように制作されていきます。雑誌などの場合は、見開きページになっていますので、折と言うものが有ります。唯一折があるとすれば、中心から2つに折り曲げるものです。しかし、中には、折り加工が施されたものがあります。これは、ページを開いた際に、折りページがあり、中身を見る時は、その折曲げている部分を広げて見ていくタイプです。このような印刷加工は、折り機を使ってページを折っていくことになります。手間が掛かる分、製本の費用は割高になると言う特徴がありますが、途中が切れる事無く全体を見れるというメリットがあるのです。