高画質印刷について

高画質な印刷をする為に

トップ / 高画質な印刷をする為に

印刷の形式の情報

印刷する場合の注意点

誰しも印刷では高品質な物がよいと言う人は多いでしょう。この場合は目的に合った解像度をきちんと見極めます。ただ高ければいいという訳ではなく、また低すぎるのもいけません。画像は1インチにどれだけの密度で点が集まっているかで品質が決まります。実際に適した画像データの容量は300〜350dpiです。これより上は印刷の品質が向上する訳でなく逆にファイルの容量が大きくなりすぎてスムーズにできなくなる事があります。また、低すぎても画像の粗が目立ってしまいがちです。物によっては多少の違いがありますが、大体はこの大きさに当てはまります。

写真や画像などの解像度について

印刷をする場合は、写真や画像などの解像度によって出来栄えが随分と変わってきます。例えば、A1サイズやA2サイズなどの大きなサイズのポスター用で、どら焼きの写真を刷る場合に、元の写真や元の画像は相当の高画質でなければ綺麗な仕上がりにはなりません。高画質でなければ、まったくもって美味しそうにも見えませんし、あんこの部分なども、あんこなのか何なのか判断ができないようにもなってしまいかねません。このようにA1サイズやA2サイズなどの大きなサイズのポスターなどを作る場合は元の写真などの画質の良さを大切に印刷しましょう。